2007年12月の記事一覧

バベシア症

マダニによって媒介されるバベシアという原虫によって起こる病気です。

バベシアが寄生したマダニに血を吸われることで、唾液とともに血管に入り赤血球内にとりついて感染します。

バベシア症にかかった犬は重度の貧血を起こし、発熱をともない放っておくと死に至る非常に怖い感染症です。

症状は、ふらつきや、口の中や目の粘膜が白っぽくなり、バベシアによって破壊された赤血球が尿とともに排出するため尿の色が濃くなります。食欲がなくなり、元気もなく動こうとしなくなります。

治療は個体差が大きく、強い薬に耐えられないワンちゃんもいます。

バベシアを完全に駆除できる治療薬はなく、抵抗力をつけ治癒を促します。

貧血がひどいときには輸血を行ないます。

予防としてはマダニがいそうな場所(山や野原)に連れて行かないこと。

散歩にいった後はブラッシングを行い十分なスキンシップをとってマダニの早期発見、早期駆虫をします。

また、定期的なノミやダニの予防をしましょう。

2007年12月26日|

カテゴリー:犬の病気と対処法

コクシジウム

原虫のコクシジウムが口から体内に寄生することで感染します。

また、ストレスなどで増えると言われています。

体内に入ったコクシジウムは小腸の上皮細胞内に入り、細胞を壊しながら分裂して増えていきます。

そのうちオーシストといわれる卵を産み、便とともに体外に排出されます。

検便のとき、顕微鏡で確認できるのはこのオーシストです。

弱った犬や幼犬に感染すると重症化しやすく、死亡する例も少なくありません。

小腸の細胞を壊すので下痢や血液の混ざった血便をします。

腹痛、食欲不振や元気がなくなり、激しい下痢から脱水症状を起こすと命にかかわります。

症状はパルボウイルス感染症とよく似ていて、違う感染症と併発して発症することが多々あります。

感染力が非常に強く、塩素系の消毒ではあまり効き目がないようです。

治療はサルファ剤系の駆虫薬を使って体内からコクシジウムを一掃します。

便は速やかに片付けるように徹底し、使用していたケージや食器、部屋を消毒し、常に清潔にしましょう。

2007年12月25日|

カテゴリー:犬の病気と対処法

ブルドッグ

13世紀頃、牛と闘う闘犬として作出されました。

ブルとは雄牛のことで、雄牛と闘う犬のためブルドッグという名がつきました。

ブルドッグ


つぶれた鼻や突き出た下あごは牛に噛み付いているときに窒息しないようにした名残です。

1835年に牛との闘いが禁止されたため、荒い気性のブルドッグは必要とされなくなり、現在のような穏やかな性格へと改良され、家庭犬としても人気が出ました。

現在のブルドッグは陽気で、怖い顔に似合わずとても気の優しい穏やかな性格の持ち主です。

頭部が大きく重心が低い体つきでがっしりした四肢。肩のすぐ後が低くなりそこから背はアーチ型。

耳は小さいローズ耳で目は褐色。尾は真っ直ぐでもスクリューでもよいとされています。

食事の栄養バランスに気をつけ、太りすぎに注意します。

また、夏にもめっぽう弱いので熱射病に気をつけます。


毛色-レッド、ブリンドルやその他のブリンドル、ホワイト、フォーン、白地に黒や赤の斑など

原産国-イギリス

2007年12月18日|

カテゴリー:犬の種類

散歩のしつけ

ワンちゃんは3度のご飯より散歩が好きだといいます。

ワクチンを済ませた後に散歩も日常に取り入れてくださいね。

まず、最初に首輪に慣れさせましょう。

最初はリボンなどを首に巻いて首輪をしても違和感がないようにします。

首輪に慣れたら次はリードに慣れさせます。

首輪にリードをつけて垂らせたまま遊ばせます。

初めて外に連れて行くときは、まず玄関先で遊ばせて外に慣れさせましょう。

怖がるようなら無理に散歩に連れて行ってはいけません。

まず、外は怖くない場所だと十分理解させた後で、徐々に範囲を広げていきます。

散歩で嬉しいからといって犬の好きなように行動させてはいけません。

散歩でもリーダーシップをとるのは人間でなくてはいけないのです。

散歩のコースは人が決めます。飼い主が犬を先導して歩きます。

犬が飼い主を追い越すようなら向きを変える、といった感じで・・・。

ちゃんと後についてきたら思いっきり誉めてあげてください。

最初は時間がかかり、自信をなくすかもしれませんが、ワンちゃんとの根競べです。

教える方が妥協しなければ必ず覚えてくれますので頑張りましょう。

タグ

2007年12月17日|

カテゴリー:犬のしつけ

グレート・ピレニーズ

グレート・ピレニーズという名のとおり、ピレネー山脈の山岳犬です。

グレート・ピレニーズ

もともとピレネー山脈にいた牧羊犬の血を引き、歴史は古く紀元前1000年~1800年の間です。

長く険しい山岳地帯で生活していたため、純血が保たれていました。

ニューファンドランドやセント・バーナードの先祖犬という説もあります。

野生動物が山を徘徊する時代に、グレート・ピレニーズは険しい山の羊の群れを守る警護犬でした。

長い釘を何本も仕込んだ幅広の鉄製首輪をつけ、野生のオオカミやクマを相手に、ほとんど無敗だったといいます。

付いた異名は「ピレネーのオオカミ猟犬」「ピレネーのクマ猟犬」と言われた程です。

純白で優雅、堂々とした巨体、優れた護衛力、この犬に魅了されたルイ14世が宮廷に迎え入れ、フランス宮廷の護衛犬としても活躍し、一躍名をはせました。

「オオカミ犬」「クマ犬」などと聞くと気の強い怖い犬だと思われがちですが、とても穏やかな気性の持ち主。

優しく友好的で家族想いですから、頼もしい家族の一員になるでしょう。

寒さには強い犬種ですが、暑さにはめっぽう弱いので夏の体調管理には気を付けてあげてくださいね。


原産国-フランス

2007年12月15日|

カテゴリー:犬の種類

オールド・イングリッシュ・シープドッグ

オールド・イングリッシュ・シープドッグを直訳すると、イギリスの古い牧羊犬ですが、起源はそれほど古くないといわれています。

オールド・イングリッシュ・シープドッグ

市場へ家畜を運搬する時の群れ追いに使われていました。

当時、イギリスで使役犬は税金をかけられたため、税金を支払った証拠として断尾されたといいます。

そのため、今日でも生まれて1週間以内に断尾する悲しい習慣があります。

目をおおうように長く伸びたふさふさした毛は、その昔、目が弱く、それをかばうためだと言われていますが真相は定かではありません。

大きな身体なので誤解を受けがちですが、愛情深く、家族想いの温和な性格の持ち主です。

利口でおとなしく、従順なことから家庭犬としても人気が高い犬種です。

また、無駄吠えをする犬種ではありませんが、吠え声は大きく響くため考慮は必要です。

ふさふさした美しい被毛を保つために、毎日のグルーミングとコーミングは必須です。


毛色-白地にグレー・グリズル・ブルー・ブルーマールの組み合わせ

原産国-イギリス

2007年12月14日|

カテゴリー:犬の種類

ダルメシアン

水玉模様のスマートな姿はディズニー映画で有名なダルメシアン

馬をリードして走る唯一の馬車犬として、また、鳥猟、獣猟のどちらでも使われていた有能な猟犬です。

エジプト時代の版画にもこの犬が馬車を誘導して走る姿が描かれています。

物分りがよく、作業意欲旺盛、サーカスにも使われるほど頭がいい。

とても利口で温和、訓練次第でこれ以上ない優秀な家庭犬となります。

面白いのは生まれた時は真っ白で、生後2週間くらいから徐々に斑点が出てくるということ。

斑点は1ドルコインくらいの大きさで丸みを帯びてはっきり、バランスよく全身に均等にあるのがよいとされています。

毛質は硬く短毛でなめらか、光沢のある抜けるような白さを持ちます。

持久力、耐久力に優れていますので、毎日の運動はたっぷりと。

人が大好きなので屋外飼育の場合は十分なスキンシップをとってあげてくださいね。


毛色-白地に黒の斑、または白地にレバーの斑

原産国-クロアチア、旧ユーゴスラビア(ダルメシア)

2007年12月14日|

カテゴリー:犬の種類

ミニチュア・シュナウザー

スタンダード・シュナウザーやアーフェン・ピンシャー、ミニチュア・ピンシャー、プードルなどの異種交配によって作出されました。

ミニチュア・シュナウザー

もともと、農場を荒らすネズミを捕まえるために作られた犬種です。

特徴的な眉や髭はネズミを捕まえる際に怪我をしないよう考慮された結果、残されるようになりました。

小型ながら体力や持久力に優れているので、長く農場で番犬として重宝されていました。

ネズミを退治する目的で作られた犬種だけに、何かを取ってきて持ってくるという遊びは苦手です。

テリアグループに入る犬種ですが、多くのテリア種はイギリス原産でシュナウザーはドイツ原産です。

物覚えがよく、陽気で活発、家族に忠実ですから家庭犬としても人気があります。

番犬にするには問題ありませんが、無駄吠えの癖がつかないよう小さいときからのしつけはしっかりと行いましょう。

小説「ユンカース・カム・ヒア」の主人公の愛犬がこのシュナウザーです。

毛色-ソルト&ペッパー、ブラック&シルバー、ブラックなど

原産国-ドイツ

2007年12月14日|

カテゴリー:犬の種類

ゴールデン・レトリバー

ゴールデンレトリバーは鳥獣猟の回収犬として作出された犬種ですが、盲導犬や人命救助犬としても活躍しています。

ゴールデン・レトリバー

優れた猟性能力はセッターの血や、水中でも運搬できるウォータースパニエルの血が深く関わっています。

利口で愛情深く、飼い主に忠実ですので、家庭犬としても人気があります。

学習能力と運動能力に優れ、身体を動かすのが大好きな活発な犬種です。

この犬種の持つ素晴らしい性質を理解して、たっぷりの運動と遊びを取り入れた訓練などを楽しみながらできる人に飼っていただきたい犬種です。

もともと回収犬ですので、口にくわえて物を運んだり、何かを取ってくるような遊びを日常的に取り入れましょう。

屋外飼育もできますが、家族を深く愛し、常に一緒にいたい犬種ですので、十分なスキンシップをとってストレスをためない考慮をしてあげてくださいね。

小さいお子様にも優しく接することのできるので、初心者でも飼いやすい大型犬です。

いつも犬舎を清潔に心がけ、1~2週間に一度はブラッシングを行い皮膚疾患に気をつけてあげましょう。


毛色-ゴールデン

原産国-イギリス

2007年12月12日|

カテゴリー:犬の種類

狆 (ジャパニーズ・チン)

は日本では始めて座敷の上で飼育された犬種です。

日本犬としては初めて海外の犬種団体に公認された犬種でもあります。

日本犬とは言いますが、元来日本の犬ではありません。

奈良時代、聖武天皇に新羅から献上されたのが始まりだと言われます。

江戸時代には、江戸城や大奥で抱き犬として可愛がられていました。

先祖犬はチベットの小型のスパニエルとみられ、性格はペキニーズとよく似ています。

体高と体長がほぼ同じで、優雅にちょこちょこと歩く姿は気品にあふれています。

頭がよく、短吻で驚いたような表情をしています。体臭が少なく、無駄吠えも少なく、運動量もあまり必要ないのでマンションで飼うのにも最適なワンちゃんです。

穏和な性格で人の感情を察知する感覚の持ち主です。


毛色-白地に黒の班、白地に赤の班

原産国-日本

2007年12月12日|

カテゴリー:犬の種類

シェットランド・シープドッグ

シェットランド諸島はスコットランドの最北端で、海風が強く、寒さも厳しい土地で長く飼育されたため、大きくならない現在のサイズになったと考えられています。

大型犬のコリーをそのまま小さくしたような体形をしています。

くさび形の頭部、耳は小さく立ち耳だが、先端から1/4のあたりで自然に前に垂れている。

先祖犬はコリーと同じくボーダーコリーです。

とても利口でおとなしく、主人に対しては従順で深い愛情を示すとてもけなげな犬種です。

警戒心が強くナイーブな面もあるので、小さいときから社会性をつけさせましょう。

しなやかで優雅な風貌をしていますが、活発で遊び好き。

人の気持ちと言葉をよく理解する犬種です。

毛色-セーブル&ホワイト、トライカラー、ブルーマール、ブラック&ホワイト

原産国-イギリス(シェットランド諸島)

2007年12月 9日|

カテゴリー:犬の種類

マルチーズ

マルチーズは、愛玩犬としては最古の犬種と言われています。

そのため、優しくて従順、賢く、小さくて丈夫と、愛玩犬として洗練された性質を持っています。

穏やかで明朗活発、人なつこく表情豊かでとても甘え上手な性格をしています。

人が大好きで飼い主に対しては心から尽くします。

そのため独立心にやや欠けている面があるので、一人でお留守番ができるように小さい頃からの練習が必要かも。

有名なイソップ物語にも「マルタ島の船旅をする人々のペット」と、このマルチーズのことが書かれています。

透き通った絹糸のような純白の被毛は、下毛がなく繊細なので毎日のグルーミングとコーミングでケアしてあげてください。

真っ白な純白の被毛に、目縁、鼻鏡、唇、パッドが漆黒である事が理想とされています。

毛色-純白

原産国-マルタ

2007年12月 9日|

カテゴリー:犬の種類

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

2種類いる(カーディガンとペンブローク)コーギーのうち、歴史の新しい方のコーギーです。

ウェルシュ・コーギー・ペンブローク

12世紀のイギリス国王、ヘンリー2世に愛された「王室の犬」といわれていました。

とても友好的で明るく活発で、飼い主に対しては深い愛情を示します。

とても頭がよく、聞き分けもいいので上手にしつければ優秀な子になるでしょう。

反面、警戒心が強く、興奮しやすく、声も響くので無駄吠えをさせないようなしつけは必要です。

体高が低く、骨太でがっしりした胴長短脚の体系は、背骨に負担のかかる肥満には十分注意しましょう。

尾は生まれつきないか短いが、あっても断尾する風習があります。

胴長短脚、先端に丸みを帯びた大きな立ち耳、真っ直ぐな鼻筋、尾がない、と特徴のある外見をしています。

コンパクトで程よく引き締まった身体は、活発でスタミナがあるので遊びを取り入れた運動をたっぷりとしてあげる必要があります。

毛色-レッド、フォーン、セーブル、ブラック&タン、の単色かこれらの色にホワイトの斑

原産国-イギリス

2007年12月 9日|

カテゴリー:犬の種類

ポメラニアン

ポメラニアンは、ドイツ原産のスピッツの血筋の中で最も小型の犬種です。

イギリスのビクトリア女王がポメラニアンを愛し、彼女の臨終の際には枕もとにいたと言う話があります。

ポメラニアン

素直でとても賢く、飼い主に従順ですが、神経質な面もあるので無駄吠えのしつけは小さいときからしっかりと行います。

骨がとても細い犬種なので、運動や扱いに配慮してあげてください。

知性に満ちた黒くアーモンド形のよく光る瞳と、丸みを帯びた額。

短く先細の口吻。よっこいしょと背負ったような尾。

ダブルコートでふさふさとした被毛は、もつれやすいのでまめな手入れが必要です。

体は小さいけれど牧羊犬の血を引く犬種だけに活発で散歩が大好きです。

時には草原を走り回れるような散歩を・・・。


毛色-オレンジ、レッド、クリーム、ブラウン、ブルー、ブラックなど

原産国-ドイツ

2007年12月 9日|

カテゴリー:犬の種類

パグ

パグの名前の由来は、ラテン語でパグナス(にぎりこぶし)、つまりパグの頭の形からきています。

パグ


額や鼻の上にきざまれた皺があり、口吻はつぶれていて受け口。

真っ黒なマスクと小さく垂れた耳も黒い。

尾は腰の上でクルンと巻いています。

特徴のあるユニークな外見をしていますが、陽気でおとなしく、人の気持ちをよく理解する感受性の持ち主です。

好奇心旺盛で我慢強く、知らない人にも愛想がいいのですが、マイペースで頑固な一面もあるのでしつけはしっかりとしましょう。

短毛犬種なのでトリミングの必要はありませんが、運動の後に硬く絞ったタオルで顔の皺と全身の拭き取りとマッサージを合わせておこないます。

大食漢なので太りすぎには注意しましょう。

また、夏にも弱いので夏場の体調管理には気を付けてあげてください。

毛色-フォーン、ブラック、アプリコット、シルバー

原産国-中国

2007年12月 8日|

カテゴリー:犬の種類

ボストン・テリア

ボストン・テリアは、アメリカのボストン市周辺で、ブルドッグとホワイトイングリッシュテリアの交配で作出された犬種です。

ボストン・テリア

明るくて活発、陽気で賢く、粋なタキシードを着たようなその姿はアメリカの「小さな紳士」と言われています。

口吻が短く、離れた大きな丸い目は暗色。

大きく薄い耳は立ち耳ですが、断耳してもよいとされています。

尾は短く先細で真っすぐかスクリュー。

短毛で光沢のある被毛はブリンドル(虎毛)にホワイトの斑、または黒にホワイトの斑です。

親から受け継いだ血によって性格に違いがあり、ブルドッグの血が濃い場合は温厚で落ち着いた性格が、テリアの血が濃い場合は、活発です。

いずれにしても知能指数が高く、物覚えのよさは申し分なく、加えて耐久力、決断力、行動力もあります。

毛色-ブリンドル&ホワイト、ブラック&ホワイト

原産国-アメリカ

2007年12月 8日|

カテゴリー:犬の種類

ヨークシャー・テリア

イギリスのヨークシャー地方の工業地帯でねずみを退治する目的で作出された犬種ですが、美しい被毛から愛玩犬に改良されました。

小さくて愛らしい容姿をしていますが、テリア気質は健在で、活発で気が強く、警戒心が強いので小さいうちからしつけはしっかりしましょう。

ヨークシャー・テリア

小さい時はブラック&タンですが、徐々に頭部が砂色を経て鮮やかなゴールドリッチタンに変化し、ボディーは1年以上をかけて美しいスチールブルー(銅青色)に変わります。

毛色の変化が楽しめるのもヨークシャーテリアならではではないでしょうか?

その絹のような美しい被毛は「動く宝石」と形容されるほどです。

美しい被毛を保つため毎日のコーミングを忘れずに。

しかし、もつれやすい毛質ではないので手入れは楽ですよ。

自分の美しさを知っているかのように気品にあふれ、自信満々な立ち姿はプライドの高さが伝わってくるようです。

毛色-スチールブルー&タン

原産国-イギリス

2007年12月 5日|

カテゴリー:犬の種類

チワワ

チワワ


メキシコの先住民族アステカ族が飼育していたテチチというチワワより少し大きな犬種とチャイニーズクレステッドドッグの交配で作られた犬種といわれています。

テチチは当時メキシコの先住民族の間で神聖な犬種とされ、宗教的儀式の生け贄に使われていたとされます。

小さな体に似合わず勇敢で陽気、自意識が強く大胆な反面、やや臆病な面もみられます。

飼い主には絶対的な信頼を寄せ、好きになった人には深い愛情を示すとてもかわいらしい犬種です。

やや妬きもちやきな犬種なので、過保護に育てるのはやめましょう。

アップルドーム型の丸い額と大きめの耳は立ち耳。
鼻は小さくやや詰まっていて、離れた大きな目が特徴です。

毛種-ロング、スムース

毛色-規定はありません

原産国-メキシコ

2007年12月 5日|

カテゴリー:犬の種類

トイレのしつけ

トイレのしつけは、子犬が家に来たその日から始めましょう。

子犬の頃は一日に何度も排泄します。これはしつけのチャンスがたくさんあるということです。

子犬は目がさめたときやご飯の後によく排泄をします。

しきりに床の臭いを嗅いだり、そわそわしたり、排泄の前は必ず落ち着かなくなります。

この瞬間がしつけのチャンス

決めておいたトイレに連れて行きそこで排泄させるようにしましょう。

ちゃんとできたらやや大げさに誉めてあげてください。

また、失敗したからといって決して大きな声で叱ったり、排泄物に鼻をくっつけて叱ったりしないでくださいね。

こうして叱られた子犬は人間不信になったり、排泄行為そのものを禁止されたと解釈することがあります。

そうなった場合は隠れて排泄をするようになります。

これではますますしつけが難しくなりますね。

そそうしている瞬間を目撃したらさりげなくトイレに連れて行きます。

そして少しでもトイレで排泄できたら誉めてあげてください。

そそうした場所はきれいに掃除をして完全に消臭しましょう。

ケージの中にダンボールなどで寝床を作ってあげて、寝る場所とトイレを分けてあげるとスムーズにしつけられます。

最初からうまくはいきません。でも大丈夫です。

焦らず、深い愛情と心に余裕をもって教えてあげれば、ちゃんと覚えてくれます。

2007年12月 4日|

カテゴリー:犬のしつけ

バーニーズ・マウンテン・ドッグ

バーニーズ


アルプスの山岳地帯の重い荷物を運ぶ作業犬として活躍した犬種だけに冬に強く、がっしりした骨を持つ強い体躯をしています。

温和でとても頭がよく、訓練能力に優れ、飼い主に深い愛情を示すことから家庭犬としても人気が高い犬種です。

しかし、大型犬なので、小さい頃からのしつけは不可欠です。

甘やかして育てるとバーニーズ本来のよい性格が育ちません。

漆黒で光沢のある被毛で四肢と頬、両目の上には赤褐色のリッチタン、胸と脚先にある真っ白な斑の3色でマーキングはそれぞれ左右対称が好ましいとされています。

歴史は、2000年以上前に古代ローマ軍がスイスに侵攻するときに持ち込んだマスティフ系の犬が先祖とされます。

バーニーズマウンテンドッグの知能指数の高さには訓練士さんも舌を巻くほどです。

毎日の長時間の引き運動としっかりしたしつけをできる方ならこれ以上ない愛犬に育つはずです。

原産国---スイス

2007年12月 3日|

カテゴリー:犬の種類

パピヨン

パピヨン


パピヨンとはフランス語で蝶という意味で、立ち耳の飾り毛が蝶を思わせることからこの名前がつきました。

小型のスパニエルを改良し、現在の形になりましたが、14世紀頃までは垂れ耳でファーレン(蛾)と呼ばれていました。

もともと愛玩犬なので、とっても甘え上手で利口な犬種です。

ややプライドが高いので甘やかしすぎると反抗的になるので要注意。

トリミングの必要はありませんが、毎日のブラッシングと耳の毛が伸びるようなコンディションを作ってあげてください。

毛色---白地にブラック又はブラウンの班、トライカラー(白×黒×赤茶)

原産国---フランス、ベルギー

2007年12月 1日|

カテゴリー:犬の種類