しつけの基本

しつけの基本

犬のこころを育てる犬のしつけ教室

叱るのは人ではありません。人は基本、褒めてくれるという存在でなければいけません。

しかし、褒めるだけではしつけができないのも事実です。

では、どうすればいいのでしょう?

”物が叱って人が褒める”

分りやすい例をあげてみると、よく、首輪タイプのものでセンサーが振動を感知すると電流が流れるものや振動(バイブレーション)が起こるというものがあるのをご存知でしょうか?

”吠える→嫌なことが起こる”という認識をさせるのに非常に効果があります。

これは確かに理にかなった方法なのですが、私個人的な意見ですがここまでするとかわいそうな気がします。

要はこれを応用するのです。

いたずらをして困るところにいたずらしている時、何かが落ちてくるようにしたり、大きな音が出るようにしたり・・・。

ワンちゃんのしつけは人間と同じ米洗教育(何度も何度も繰り返し教える)が本当に大切です。

名前を呼んで叱るのは最もやってはいけない行為で、”呼ばれると叱られる”などといった条件反射を身に付けてしまいがちです。

家族みんなで叱る言葉を決めておくのも効果的です。

命令は的確に「ダメ」など短い言葉で示すのが好ましいでしょう。

少しでも多くのワンちゃんが誰かの”自慢の愛犬”になることを切望しています。



犬のこころを育てる犬のしつけ教室

2007年10月 3日|

カテゴリー:犬のしつけ