ブルドッグ

ブルドッグ

犬のこころを育てる犬のしつけ教室

13世紀頃、牛と闘う闘犬として作出されました。

ブルとは雄牛のことで、雄牛と闘う犬のためブルドッグという名がつきました。

ブルドッグ


つぶれた鼻や突き出た下あごは牛に噛み付いているときに窒息しないようにした名残です。

1835年に牛との闘いが禁止されたため、荒い気性のブルドッグは必要とされなくなり、現在のような穏やかな性格へと改良され、家庭犬としても人気が出ました。

現在のブルドッグは陽気で、怖い顔に似合わずとても気の優しい穏やかな性格の持ち主です。

頭部が大きく重心が低い体つきでがっしりした四肢。肩のすぐ後が低くなりそこから背はアーチ型。

耳は小さいローズ耳で目は褐色。尾は真っ直ぐでもスクリューでもよいとされています。

食事の栄養バランスに気をつけ、太りすぎに注意します。

また、夏にもめっぽう弱いので熱射病に気をつけます。


毛色-レッド、ブリンドルやその他のブリンドル、ホワイト、フォーン、白地に黒や赤の斑など

原産国-イギリス



犬のこころを育てる犬のしつけ教室

2007年12月18日|

カテゴリー:犬の種類