ボストン・テリア

ボストン・テリア

犬のこころを育てる犬のしつけ教室

ボストン・テリアは、アメリカのボストン市周辺で、ブルドッグとホワイトイングリッシュテリアの交配で作出された犬種です。

ボストン・テリア

明るくて活発、陽気で賢く、粋なタキシードを着たようなその姿はアメリカの「小さな紳士」と言われています。

口吻が短く、離れた大きな丸い目は暗色。

大きく薄い耳は立ち耳ですが、断耳してもよいとされています。

尾は短く先細で真っすぐかスクリュー。

短毛で光沢のある被毛はブリンドル(虎毛)にホワイトの斑、または黒にホワイトの斑です。

親から受け継いだ血によって性格に違いがあり、ブルドッグの血が濃い場合は温厚で落ち着いた性格が、テリアの血が濃い場合は、活発です。

いずれにしても知能指数が高く、物覚えのよさは申し分なく、加えて耐久力、決断力、行動力もあります。

毛色-ブリンドル&ホワイト、ブラック&ホワイト

原産国-アメリカ



犬のこころを育てる犬のしつけ教室

2007年12月 8日|

カテゴリー:犬の種類