ジャーマン・シェパード・ドッグ

ジャーマン・シェパード・ドッグ

犬のこころを育てる犬のしつけ教室

シェパードとは羊飼いと言う意味で、直訳すると“ドイツの牧羊犬”

しかし、その学習能力の高さと、訓練を好む性格から種々な作業犬として訓練され、救助犬・軍用犬・警察犬・麻薬探知犬など、特殊訓練を必要とする作業犬として使われています。

また、ラブラドール・レトリバーやゴールデン・レトリバーと同様、介助犬または補助犬(盲導犬)としても活躍しています。

ben1.PNG


ジャーマン・シェパードほど多くの使役をこなす犬種は他にない。

その理由は、順応性が高く、理解力に優れ、勇敢で、どんな作業も忠実にこなし、冷静な判断力が備わっているからです。

しかし、ジャーマン・シェパードの使役能力は愛玩的飼育環境では発揮されません。

それは、日々の訓練を重ね始めて生かされるものだからです。

しかし、家族を愛する犬種でもあるので、家庭犬としても人気があります。

毛色は代表的なものがブラック&タン。他にウルフ、ブラック、ホワイトがあるが、アルビノであってはいけない。



犬のこころを育てる犬のしつけ教室

2007年10月11日|

カテゴリー:犬の種類